クチコミる!

ヤフー ビジネスエクスプレスの案内



 HOME検索エンジン登録>SEO対策にYahoo!ヤフー ビジネスエクスプレス




当サイトサービス
ビジネスエクスプレス
クロスリスティング

SEO対策の外部要因でまず最初に必要な登録を実施しているECサービスのご案内。

口コミ評判投稿おまちしてます!

Yahoo!ヤフー ビジネスエクスプレスの案内



ヤフービジエク画面

ヤフー ビジネスエクスプレス

Yahoo!カテゴリに登録できるかをチェックし、結果を電子メールにて返信する、商用・営利目的のサイト向けのサービス。
日本のサーチエンジン市場では、カテゴリー登録が必至となっています。

ご利用の流れ

ビジエクにてお申込
次
審査(7営業日以内に完了)
次
登録不可の場合再審査(30日以内の一回に限り無料)
次
登録又は不可の決定
※登録見送りの場合は、その理由もあわせてご連絡されます。

サイトへ行く

ご利用案内  

・入金確認後、7営業日以内に審査・結果を報告。
不可の場合でも審査結果の通知から30日以内に限りもう一度、無償で再審査を行います。

ヤフーカテゴリー登録が勧められる訳

ネットユーザーの検索エンジンからの訪問は90%以上とされています。
その中で、日本の検索エンジンシェアはヤフーが50%以上となっており、(世界ではGoogleが強い)日本でサーチエンジン市場でのマーケティングを有利に進めるにはヤフーで上位表示される事が必至となっています。

以前は(2004年頃)はディレクトリー登録さえすればヤフーでの上位表示は可能でしたが、現在では内部SEOも施さないと厳しい状況となっています。

しかしながら、YST(ヤフーのロボット型エンジン)では外部要員としてのカテゴリー登録を加点要員としてアルゴリズムに設定しており、現在もこれが有効です。

内部要員のSEO(検索エンジン最適化)も最適化のつもりが、「過剰」と判断される可能性が常にあります。
スパム対策として、アルゴリズム更新が頻繁に行われている現状では、いつ順位下落になるか解りません。

その保険としてのカテゴリー登録は商用サイトオーナーとしては必然の選択になります。
ビジエクの登録率は94%以上。 この機会に是非検討してみましょう。

追記

2010/12にヤフーの検索エンジンがYSTからGoogleに切り替わりました。

これを以って、YSTで散見された検索結果の優位性は以前にもまして下がったということになっております。
正確には、弱冠の利点が見受けられますが、以前ほどではありません。一番の利点は、「カテゴリー登録済み」という権威的な部分といえます。

以上、検討材料になれば幸いです。

                  サイトへ行く

無料の検索エンジン登録代行サービス

ご利用案内

クチコミる!ではECサイト支援として国内の検索エンジン及びリンク集への登録申請
無料で代行しております。(掲載数100前後)  詳しくは・・検索エンジン登録(無料)