ワークス(WORX)SDの口コミ・レビュー



ショップジャパン ワークスSDキャプチャー

 ワークスSD

ネット上では「コレ欲しい!」「かっこいいー!」と反響の大きいピストル型電動ドライバーWORX SD!

今回、特別にショップジャパンから商品を提供して頂きましたので、
「実用性や、使い心地は?コスパは?」
といった点を実機でのレビュー中心にご案内します!


当ページ案内
使用感1
使用感2
ワークス社と製品仕様の案内
ワークスSDの動画案内
つぶやき・評判
ワークスSDのまとめ


ではさっそく、荷姿から

ワークスSDの荷姿・梱包内容


緩衝材に守られたダンボールで宅急便にて到着。
パッケージを取り外し、開封の儀

WROX SD一式画像


セットなし単体購入時の中身が上の画像になります。

カートリッジの大きさはコレぐらいです。
円柱底面の直径29mm 高さ26mm

ビットカートリッジの大きさを示す画像


コレを本体に装着します。

ワークスSD本体画像


「ガチャッ」とかキツイ感じではなく「カシャッ」とスムーズに入ります。
あとはスライドカバーを引いてリロードして目的のビットに合わせるだけです。

スライドカバーでビットを回転させるのが面倒という方でも、カバーを引いている状態でカートリッジを指で回転させる事ができるので簡単にビットを選択できます。


使用感1

レ点スライドカバーは「カチャッ」と音がする(赤線)まで引いてスライド完了です。
最初の1〜2回は硬く感じるかもしれませんがその後は女性でも大丈夫なほどスムーズになります。

レ点オートマチックとリボルバーの要素があって、モデルガン好きならビットの選択だけで満足しそうです^ ^

レ点「軽い」です。(本体重量530g)のちほど詳しく


ではさっそく実用!
....の前に充電、充電^ ^;

充電画像


付属のACアダプターを家庭用コンセントに差し込んで充電します。

時間の目安は4.5時間となっていますが、出荷時の初期充電があったので1時間程度で充電ランプが緑になりました(充電完了)。

準備万端。
で、今回は棚の設置で使用してみます。

近くのホームセンターで棚の材料を揃えて

材料に下穴をあけます


木ねじ用に下穴をあけておきます。
(WORX SDのドリルビット2mm使用)

壁にも下穴をあけておきます。

ドリルビットで壁にも下穴


材料に4箇所×2、壁に2箇所×2の合計12箇所に下穴作業なのですが、電動ドリルなので楽々です。

又、日陰や暗い場所でも、回転スイッチを押した時にLEDライトが点灯するので照明を別に用意する必要もありません。

次に設置箇所でねじ止めです。

ビットカートリッジを替えてPH2(プラス大)を選択し一気にネジ止め完了となりました。


ちなみに、(ビットカートリッジ1体に6本のビット)×2体が入っていて、合計12種類のビットがあります。

このビットは配列を自由に変えられます。
カートリッジAに使用頻度の高い6本、カートリッジBにそうでもない6本というようにすると便利です。


壁のビフォアアフター


殺風景だった壁に棚ができました^ ^/



使用感2

レ点 前述どおり軽いのでまったく疲れません。
軽いといっても動力不足ということはなく、家庭用のネジ締めには充分ですし、うるさくもありません。

重すぎると普段使いにはおっくうになるのですがこれならすぐ取り出して使えます。


レ点 最大トルク数が2.7N.mで、やや低めに感じるのですが、「小屋を作る」など本格的なDIYでもなければ充分です。
木ネジなども最後までしっかり止まります。

トルク数が大きすぎると、締めすぎてネジが食い込んだり、反動で手首をひねったりと慣れるのに時間が掛かったりします。
その点「ワークスSDはすげー考えられて作られてるなぁ」と感心しきりです。


レ点 今回の棚でも使用した「半ネジに金具を引っ掛ける部分」がある場合、締め具合の微調整が必要になったりします。
ワークスSDは絶妙な速度なので回転方向の切り替えだけですんなりと済みました。


レ点 利点ばかりなので、無理にでも難点を挙げるとしたら「ビットの長さが足りなくて、最後まで締めきれないケースがあるかも」という点が考えられます。
一昔前のPCケースとかにある「ネジ穴が細い穴のさらに奥にあるケース」です。
とはいえ例外的な話で、今回のような一般的なDIY作業ではまったく問題なしです。


レ点 あまりにも気軽に使えてしまうので小さいお子様のいる方は手の届かない場所での管理が必要になると思います。



そして完成

ワークスSDを使った棚設置完成画

自分的にはいい感じになりました☆


...のはずだったのですが
棚ではなく、キャットウォーク化しています(笑

これ、降り用に壁全面に板貼るパターンですよね...
ま、ワークスSDあるから...いいか( ゚∀゚)


以上
実用性と安全性もしっかり考慮されているピストル型電動ドライバー「ワークスSD」のレビューとキャットウォーク制作レビューでした。

このサイトへ行く



ワークス社と製品仕様の案内



ワークスSD画像WORX(ワークス)はフランス・スペインでNo.1、DIY大国アメリカでもNo.3のシェアを誇る世界的DIYブランドです。

ワークスSDは公式販売代理店であるショップジャパン仕様で、保証も送料無料もショップジャパンならではの付帯サービスとなっています。


WORX SD製品仕様

本体寸法 195×43×121
本体重量 約530g
充電時間目安 約4.5時間
原産国 中国
バッテリー リチウムイオン電池(単セル、容量1.5Ah)
ビット底辺 6.35mm
電源アダプタ 入力:AC100〜240V 50/60Hz 0.3A
出力:DC5V 0.5A


チャット当ページや公式サイト内でも不明な点、知りたい点などありましたら遠慮なくチャットを利用しましょう☆



ワークスSDの動画案内



WORX SD ShopJapan CM



実際に使ってみると音も使い心地も動画のままです。


ネックアタッチメント



これ、かなり欲しくなります。あとで追加購入するくらいならセット購入のほうがお得です。


スクリューホルダー



ワークス SDの先端に取り付けるだけで、両手が使えないときでもネジをしっかりホールド!
これも便利!

このサイトへ行く



ワークスSDのつぶやき評判



<投稿募集中>


Twitterより「 つぶやき
ライン

つぶやき 「ワークスSDのトルクそんなに強くないらしいけどネジなんておもちゃのしか回さないしアルミ板に穴開けるのにそんなにいらない気がするから買うか…?」
ライン

つぶやき 「便利かどうかよりこのアクションだけで欲しくなるのが男の子やろー!!! ほしぃー!! 」
ライン

つぶやき 「これはまじで欲しい」
ライン

つぶやき 「何、この電動ドライバー…くっそ欲しい。」
ライン


性能云々よりも「かっこいい」「欲しい」の声がかなり目立ってますね^ ^


<投稿募集中>



レビューについて
皆さまに役に立つと思われる情報は随時掲載致します。送信の際は利用規約に同意して頂く事になります。




ワークスSD関連のつぶやき



ショップジャパン
レッグマジック、スレンダートーン、マジックブレット デラックス、スイブルスイーパーなど人気の商品がズラリ。安心の30日間返品保証・24時間365日営業中です。



ワークスSDのまとめ



レ点ワークスSDは評判も良く、女性でも手軽に利用できる電動ドライバーです。1家に1台あると重宝します。


レ点日常のちょっとしたネジ締めや穴あけなど、使用頻度は市販の電動ドリルよりも多くなります。
そう考えるとコストパフォーマンスもかなり良い商品です。


レ点 ご家庭に電動ドリルが無い方は一台目としておすすめです。


レ点すでにお持ちの方は、その電動ドリルのトルク数が2.7N.m以上の製品であれば、ワークスSDのほうが活躍する場面が増えます。
充電が切れたときの予備としても、主役としても活躍してくれます。

ぜひこの機会に検討してみてください。

このサイトへ行く